漫画の状態によって漫画の買取相場が変わる

漫画買取の相場とは?一冊いくらが目安なのか?

漫画の保存状態などは査定においても重要における大事な項目になります。
多少黄ばんでいたり、日焼けしている本なら仕方がありませんが査定では減額されます。
しかし、よほど読むのに差し支えなければ買取不可になる事もありません。

 

ただ漫画1冊の単位で見ても状態の良い本と悪い本では100円と50円くらいまでの差があると考えた方が良いでしょう。

 

状態の悪い漫画は1冊10円以下が当たり前

日焼け・黄ばみ・折れ目・破れなど本の状態を見るうえで最も重要な項目になります。
実際に古い漫画の買取相場は以下の通りになります。

 

状態の良い本:定価の5%〜10%
状態の悪い本:定価の2%〜3%

 

コチラはあくまで目安ですが人気の高い漫画などの保存状態が良ければ1冊150円程度まで売れる場合も多いです。
逆に保存状態が悪ければ1冊10円くらいです。

 

また、本や漫画は数が多ければ多いほど1冊あたりの単価では買取総額も大きく変わるため必ずしも“保存状態で高く売れるのが全て”ではありません。

 

ニオイがきつすぎるのも買取不可になる場合がある

漫画買取の相場とは?一冊いくらが目安なのか?

漫画の買取不可はほとんどありませんが、たばこなどのニオイが残っていると買取が不可になるケースが多いです。

 

タバコを吸っている方が身近にいる場合は本を査定に出す前に必ず確認してニオイがきつければ出来る限り自分で消臭を行ってみましょう。

 

同じ理由で本が破れていたり、濡れてふやけれいる本なども買取が不可になる場合があるので注意しましょう。

 

最新巻の漫画ほど買取価格が高額に!

本や漫画では“新しい漫画ほど高額査定になりやすい”ので売れやすいです。

 

例えば人気の高い作品では1巻では20円ほどですが最新巻になると150円の差があります。

 

基本的に人気に関わらずに『発売して3か月以内の本や漫画であれば定価の20%程度が相場』になります。

 

これが発売してから1年が過ぎると定価の10%くらいまで低下してしまうことがほとんどなので新しい本ほど高値で売れやすくなります。

 

そもそも漫画の買取っていくらくらいなのか?

漫画買取の相場とは?一冊いくらが目安なのか?

例えば漫画を売って1万円を手に入れたいならば最低でも状態が良い本を500冊以上売らないと厳しいです。
漫画を売る場合には以下の金額が目安だと思っておいてください。

 

約500冊[状態が良い・幅広いジャンル]⇒査定金額10,000円

約500冊[状態が悪い・幅広いジャンル]⇒査定金額6,000円

 

約100冊[状態が良い・人気が高い流行りの漫画]⇒査定金額2,500円

約100冊[状態が悪い・古い定番漫画]⇒査定金額1,500円

 

古本買取店・インターネット買取など比較的に高い買取業者を利用すると大体これくらいの買取価格になります。

 

漫画だけではなく様々なジャンルの本をまとめて振ることで高値が付きやすい

漫画買取の相場とは?一冊いくらが目安なのか?

単純に漫画だけで売るとそこまで査定金額は伸びません。
査定金額を上げるためには他の本も混ぜてまとめて売ることで1万円くらいの金額を比較的に楽につきやすいです。

 

ただ文庫本などは漫画と同じ扱いをされますのでそこまで高額査定を狙えません。

 

実際に高値が付きやすいオススメのジャンルの本は以下の通りです。

  • 専門書[ビジネス書・技術書など]
  • 参考書[学習本・英会話本など]
  • 文芸書[小説]
  • 実用書[趣味や料理など]

 

漫画でに関しても人気の高い最新巻でも100〜200円くらいまでが限界です。
古い本だと5〜20円くらいになるほどです。

 

しかし漫画以外の本に関しては1冊あたり300〜500円ほどの高値が付きやすい本が多くあります。
より高額査定を目指すのであれば漫画だけではなく、こういった本も併せて査定に出すことをオススメします。
漫画の買取に関してはあくまで漫画を整理するための方法の1つに過ぎませんが出来ることなら高く売りたいですね。

 

そんな時はネット漫画買取での宅配買取は非常に優れており、買取金額に期待出来て手軽に出来るのでオススメしたい方法です。もちろん自分に合った方法で売却するのがベストですが売るのに手間をかけたくないというのであれば時間的なコストを避けることが出来る宅配買取が良いと思います。